「夕刊キャッチUP」16年 佐々木正洋アナは今どうしてる?

公開日:

 1996~2012年、平日午後のワイドショーで夕刊紙の紙面を熱く読み上げ、気炎を吐いていたアナウンサーがいる。「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)の人気コーナー“夕刊キャッチアップ”を担当していた佐々木正洋アナ(63)だ。日刊ゲンダイもよくお世話になったが、最近はテレビであまり見ない。佐々木アナ、今どうしているのか。

■定年前にテレビ朝を退職

 佐々木さんに会ったのは、東京メトロ・赤坂見附駅直結のビックカメラ1階入り口。さっそうと現れた佐々木さん、近くの喫茶店に記者を案内し、まずはこう言った。

「5年前にテレビ朝日を退職してテレビに出るのがスポットだけになったら、周りから『最近、出てませんね。どうしているの?』って聞かれるんですよ。キツイよねぇ」

 60歳定年前の57歳で退社し独立。現在は制作プロダクションを経営する友人の紹介で、大手芸能事務所「浅井企画」と業務提携し、ラジオ番組「マネースクウェア・ジャパン プレゼンツ サポートウェルス!~NIPPONを裕福に~」(TBSラジオ)の司会や駒沢女子大学で講師をしているそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る