斉藤由貴を襲う 更なる“過激プライベート写真”流出の恐怖

公開日:

 家族もファンも世間も欺いてぬけぬけと不倫三昧とは、恐れ入ったる好色ぶりだ。斉藤由貴(51)と50代開業医のダブル不倫騒動は、完全否定から一転、双方ともに不倫関係を認めた。7年前に出会い、5年前から男女関係となり、斉藤の自宅やその近くの賃貸マンションで密会を繰り返していたというのだ。

 疑惑が週刊誌で報じられた当初、記者会見を開いた斉藤は「女優業を支えてくれるコーチ的な存在でコーチと選手の関係。家族ぐるみのお付き合い」などと言い、男女関係については否定。一方の開業医も「診察」などとうそぶいていた。写真誌「フラッシュ」に自撮りとみられるキス写真が掲載されても、斉藤は「記憶が曖昧」と事務所を通じて否定。開業医においては「写真はコラージュ。コメントするに値しない。医者とか、50代とか、一言でも番組で言ったら訴える」とワイドショーのクルーに食ってかかっていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る