• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

主演映画パッとせず…土屋太鳳に求められる“次のキャラ”

 女優・土屋太鳳(22)にとってこの夏は、ホロ苦い記憶とともに思い出されることになりそうだ。

 8月公開の「フェリシーと夢のトウシューズ」の日本語吹き替え版ではバレリーナを目指すヒロイン声優を担当。今月1日からは主演映画「トリガール!」が公開と大忙しの土屋。「トリガール!」では「鳥人間コンテスト」を目指す女子大生を熱演し、すでに周知の高い身体能力を存分に発揮したのだが……。

「『トリガール!』は大々的にPR活動を展開したにもかかわらず映画興行ランキングでトップ10入りできず。公開館数は238と中規模だったが、どこの劇場も閑古鳥が鳴いています」(映画ライター)

 これまで体育大で培った抜群の体力を生かした「オールスター感謝祭」(TBS系)の赤坂5丁目マラソンの激走を除けば特に代表作のない土屋。15年公開で山崎賢人(23)と共演した「orange―オレンジ―」、昨年公開で、今年大ブレーク中のイケメン・竹内涼真(24)と共演した「青空エール」はいずれもヒットしたものの、今年は声優をつとめた作品も含め4本が公開されているが、いずれもパッとしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事