ヒロイン土屋太鳳が哀れ…「まれ」最終回へ無謀な帳尻合わせ

公開日: 更新日:

 有終の美を飾るどころか、NHK朝ドラ「まれ」に対するアンチの声は一向に収まる気配がない。

 それもこれも26日の最終回を前にして、無謀な帳尻合わせが散見され、ストーリーがもうめちゃくちゃだからだ。

 たとえば、今週の前半では土屋太鳳(20)扮する主人公のまれと、師匠である大悟(小日向文世)らがパティシエの日本代表を決めるコンクールに出場。腕を競い合う中で、8年前から失踪しているヒロインの父親(大泉洋)が会場に姿を見せる様子が描かれた。

 コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

「物語の伏線の“回収作業”をするために都合のいいことばかりが巻き起こる脚本に開いた口がふさがりません。プライドの塊のような人間にして、審査員の誰よりも権威と実力と名誉を備えているはずの大悟がコンクールに出場するというご都合主義。極度のあがり性だったはずなのに競技中に主人公とおしゃべりし出す余裕ぶりで、一貫性のない人物描写が目に余る。それに加えて稚拙な演出もいただけない。日本一のパティシエを選考するにしてはあまりにしょぼい会場のセットなど、一体全体、このドラマは何なんでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  9. 9

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  10. 10

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

もっと見る