紅白に今年“降臨”は? 小林幸子「視野には入れています」

公開日:

 14日、都内で行われた居酒屋チェーン庄やオリジナル日本酒「越後情話」の発売記念イベントに歌手の小林幸子(63)が“降臨”。

 小林はこの酒の味やボトルデザインにも関わり、小林の曲を聴かせて醸造させたという“逸品”。10月から順次全国の庄やで提供される。ボトルカラーに合わせた薄青の着物にエルメスのスカーフで仕立てた帯を粋に着こなし、「おもいで酒」をもじって「無理して飲んでほしいのよ~♪」と歌って宣伝に努めた。

 小林といえば、14年からコミケに進出し、ネット民からも“ラスボス”の名で愛されている。

「ラスボス乾杯! って言いたいところだけど……」とイベント中にもネット民への心配りを忘れなかった。

 期待されるのは大晦日の紅白だが……。

「一昨年は出場、去年はお休み、カスタネットではないですが、打って休んでですから、もちろん視野には入れています。毎年それが目標ですから」(事務所関係者)

 打って休んで~♪ 今年は紅白に“降臨”なるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る