“ラスボス”小林幸子の効果大 演歌界は猫も杓子も若者対策

公開日:  更新日:

 大物演歌歌手・八代亜紀(65)が世界的な大ヒットとなったディズニー/ピクサー映画「ファインディング・ニモ」の続編「ファインディング・ドリー」の日本版に本人役の声優として登場するというので注目を集めている。

「――ドリー」はすでに公開されている全米では、「トイ・ストーリー3」や「ズートピア」など歴史に残る大ヒット映画の記録を次々に塗り替えている“お化けアニメ”。

 この映画に八代は「こんにちは。八代亜紀です」と登場。著名人が本人役として登場するのはディズニー/ピクサー史上初めてのことというから、これまで八代に縁のなかった若者層で話題になることは確実だ。

 実は八代ばかりではなく、このところ、演歌歌手が“若者対策”に必死に取り組んでいる。今年30周年を迎える神野美伽(50)はギタリスト・古市コータロー、ドラマー・クハラカズユキと異色ユニットを結成するというし、吉幾三(63)もかつてのヒット曲「俺はぜったい!プレスリー」を、ELTや小倉優子などをプロデュースした小西康陽氏に依頼し、リミックス版をリリース。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る