• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“ラスボス”小林幸子の効果大 演歌界は猫も杓子も若者対策

 大物演歌歌手・八代亜紀(65)が世界的な大ヒットとなったディズニー/ピクサー映画「ファインディング・ニモ」の続編「ファインディング・ドリー」の日本版に本人役の声優として登場するというので注目を集めている。

「――ドリー」はすでに公開されている全米では、「トイ・ストーリー3」や「ズートピア」など歴史に残る大ヒット映画の記録を次々に塗り替えている“お化けアニメ”。

 この映画に八代は「こんにちは。八代亜紀です」と登場。著名人が本人役として登場するのはディズニー/ピクサー史上初めてのことというから、これまで八代に縁のなかった若者層で話題になることは確実だ。

 実は八代ばかりではなく、このところ、演歌歌手が“若者対策”に必死に取り組んでいる。今年30周年を迎える神野美伽(50)はギタリスト・古市コータロー、ドラマー・クハラカズユキと異色ユニットを結成するというし、吉幾三(63)もかつてのヒット曲「俺はぜったい!プレスリー」を、ELTや小倉優子などをプロデュースした小西康陽氏に依頼し、リミックス版をリリース。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る