「小さな巨人」悪役も不評 和田アキ子に迫る“肩叩き”の日

公開日: 更新日:

「芸能界の巨人」として君臨している歌手の和田アキ子(67)だが、TBS系ドラマ「小さな巨人」に出演して話題になっている。

 和田は5月21日に放送された第6話から登場。演じる役どころは、明らかに安倍政権を揺るがした森友学園のパクリと思われる学校法人「早明学園」の理事長・金崎玲子役。長谷川博己(40)演じる主人公の前に大きく立ちはだかるが、意外にも悪役は初挑戦だという。気になる演技の評判なのだが……。

「驚くほどの迫力のなさに『セリフが棒読み』、『いつもより小さく見える』など批判が殺到。最近、歌う時でもすっかり声にハリがなくなったが、和田はパーソナリティーを務めるラジオ番組で台本に書かれてある演出が細かすぎることに対して悩みを打ち明けたほど。ドラマ班は和田のペースに関係なく演出するから和田も戸惑っている」(TBS関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る