• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「小さな巨人」悪役も不評 和田アキ子に迫る“肩叩き”の日

「芸能界の巨人」として君臨している歌手の和田アキ子(67)だが、TBS系ドラマ「小さな巨人」に出演して話題になっている。

 和田は5月21日に放送された第6話から登場。演じる役どころは、明らかに安倍政権を揺るがした森友学園のパクリと思われる学校法人「早明学園」の理事長・金崎玲子役。長谷川博己(40)演じる主人公の前に大きく立ちはだかるが、意外にも悪役は初挑戦だという。気になる演技の評判なのだが……。

「驚くほどの迫力のなさに『セリフが棒読み』、『いつもより小さく見える』など批判が殺到。最近、歌う時でもすっかり声にハリがなくなったが、和田はパーソナリティーを務めるラジオ番組で台本に書かれてある演出が細かすぎることに対して悩みを打ち明けたほど。ドラマ班は和田のペースに関係なく演出するから和田も戸惑っている」(TBS関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る