「小さな巨人」悪役も不評 和田アキ子に迫る“肩叩き”の日

公開日:  更新日:

「芸能界の巨人」として君臨している歌手の和田アキ子(67)だが、TBS系ドラマ「小さな巨人」に出演して話題になっている。

 和田は5月21日に放送された第6話から登場。演じる役どころは、明らかに安倍政権を揺るがした森友学園のパクリと思われる学校法人「早明学園」の理事長・金崎玲子役。長谷川博己(40)演じる主人公の前に大きく立ちはだかるが、意外にも悪役は初挑戦だという。気になる演技の評判なのだが……。

「驚くほどの迫力のなさに『セリフが棒読み』、『いつもより小さく見える』など批判が殺到。最近、歌う時でもすっかり声にハリがなくなったが、和田はパーソナリティーを務めるラジオ番組で台本に書かれてある演出が細かすぎることに対して悩みを打ち明けたほど。ドラマ班は和田のペースに関係なく演出するから和田も戸惑っている」(TBS関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る