「小さな巨人」悪役も不評 和田アキ子に迫る“肩叩き”の日

公開日:  更新日:

「芸能界の巨人」として君臨している歌手の和田アキ子(67)だが、TBS系ドラマ「小さな巨人」に出演して話題になっている。

 和田は5月21日に放送された第6話から登場。演じる役どころは、明らかに安倍政権を揺るがした森友学園のパクリと思われる学校法人「早明学園」の理事長・金崎玲子役。長谷川博己(40)演じる主人公の前に大きく立ちはだかるが、意外にも悪役は初挑戦だという。気になる演技の評判なのだが……。

「驚くほどの迫力のなさに『セリフが棒読み』、『いつもより小さく見える』など批判が殺到。最近、歌う時でもすっかり声にハリがなくなったが、和田はパーソナリティーを務めるラジオ番組で台本に書かれてある演出が細かすぎることに対して悩みを打ち明けたほど。ドラマ班は和田のペースに関係なく演出するから和田も戸惑っている」(TBS関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る