いまだ紅白落選に恨み節 和田アキ子の屈折したラブコール

公開日: 更新日:

 和田アキ子(67)のNHKへの恨み節が凄いと話題だ。

 和田が司会のTBS系「アッコにおまかせ!」で16日、フィギュアスケート浅田真央の引退会見を取り上げた際、「トリプルアクセルに声をかけるとするなら?」の質問がNHKアナのものだったと知るや、「NHKの人なんですか? じゃあちょっとコメント差し控えさせていただきます」とそっぽ。「私、意外に水に流せないんです。去年、ちょっと……」と続け、年末の紅白落選をいまだ根に持っていることをにおわせた。

 この秋に歌手デビュー50周年を迎えるベテランらしからぬ公共の電波での恨み節、それだけのわだかまりを胸に抱えているということか。ベテラン放送記者が言う。

「和田さんが2016年紅白に並々ならぬ思いを持っていたのは間違いありません。落選となった出場歌手の発表当日に『正直悔しい気持ちもあります』などとマスコミを通じて心情を吐露し、その翌日にラジオで『今年は(紅白を)見たくない』と言い、年が明けてからも『(NHKは)もうちょっと大人の対応をしてほしかった』などと、事あるごとに不平や文句を言ってきた。今回のNHKアナの質問では『今度こそ困ると思ったんじゃないか、こんな質問、普通しない』と、浅田真央をわざと困らせるためにしたんじゃないかとまで言ったのは、冗談にしても周囲は誰も笑えません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る