いまだ紅白落選に恨み節 和田アキ子の屈折したラブコール

公開日:

 和田アキ子(67)のNHKへの恨み節が凄いと話題だ。

 和田が司会のTBS系「アッコにおまかせ!」で16日、フィギュアスケート浅田真央の引退会見を取り上げた際、「トリプルアクセルに声をかけるとするなら?」の質問がNHKアナのものだったと知るや、「NHKの人なんですか? じゃあちょっとコメント差し控えさせていただきます」とそっぽ。「私、意外に水に流せないんです。去年、ちょっと……」と続け、年末の紅白落選をいまだ根に持っていることをにおわせた。

 この秋に歌手デビュー50周年を迎えるベテランらしからぬ公共の電波での恨み節、それだけのわだかまりを胸に抱えているということか。ベテラン放送記者が言う。

「和田さんが2016年紅白に並々ならぬ思いを持っていたのは間違いありません。落選となった出場歌手の発表当日に『正直悔しい気持ちもあります』などとマスコミを通じて心情を吐露し、その翌日にラジオで『今年は(紅白を)見たくない』と言い、年が明けてからも『(NHKは)もうちょっと大人の対応をしてほしかった』などと、事あるごとに不平や文句を言ってきた。今回のNHKアナの質問では『今度こそ困ると思ったんじゃないか、こんな質問、普通しない』と、浅田真央をわざと困らせるためにしたんじゃないかとまで言ったのは、冗談にしても周囲は誰も笑えません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る