講談師・神田松鯉「何年も酒は買ってない」 そのワケは?

公開日: 更新日:

 たとえば、昨日は銀座で夕方4時から。1軒目は焼酎のオンザロックを数杯、それから2軒目で日本酒をだいぶ飲みました。最後の店では赤ワイン。近頃はこれでも減りましたよ。若い時は銀座や池袋の盛り場にボトルを入れておいて、飲んで家へ帰ってから、仕上げのウイスキーのボトルが3日に1本なくなっていました。だから、毎日ウイスキーのボトル半分以上は飲んでいたことになりますかね(笑い)。

 昔は先輩から無理やり飲まされたこともありましたよ。かつ丼のフタに酒を入れて、「飲め! 飲め!」ってね。それで気を失ったりして。家の玄関の前で寝転がっていて、女房に起こされたことが何回かありますよ。

 私はね、酒が好きなんです。ええ、毎日飲みます。カゼひいた時なんかは卵酒ですしね。千利休の言葉に「初手は人が酒を飲み、中頃は酒が酒を飲み、しまいは酒が人を飲む」とあるけど、若い時分は酒にのまれることもありましたね。麻雀だって、芸人の場合は飲みながらですからね。徹マンでしょ。ちびりちびり飲みながらやって、一升瓶が空いちゃっていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る