講談師・神田松鯉「何年も酒は買ってない」 そのワケは?

公開日:

 たとえば、昨日は銀座で夕方4時から。1軒目は焼酎のオンザロックを数杯、それから2軒目で日本酒をだいぶ飲みました。最後の店では赤ワイン。近頃はこれでも減りましたよ。若い時は銀座や池袋の盛り場にボトルを入れておいて、飲んで家へ帰ってから、仕上げのウイスキーのボトルが3日に1本なくなっていました。だから、毎日ウイスキーのボトル半分以上は飲んでいたことになりますかね(笑い)。

 昔は先輩から無理やり飲まされたこともありましたよ。かつ丼のフタに酒を入れて、「飲め! 飲め!」ってね。それで気を失ったりして。家の玄関の前で寝転がっていて、女房に起こされたことが何回かありますよ。

 私はね、酒が好きなんです。ええ、毎日飲みます。カゼひいた時なんかは卵酒ですしね。千利休の言葉に「初手は人が酒を飲み、中頃は酒が酒を飲み、しまいは酒が人を飲む」とあるけど、若い時分は酒にのまれることもありましたね。麻雀だって、芸人の場合は飲みながらですからね。徹マンでしょ。ちびりちびり飲みながらやって、一升瓶が空いちゃっていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る