妻には言えない? バイきんぐ西村が後輩とヤンチャした夜

公開日: 更新日:

 先月、結婚していたことを公表した人気コントコンビ・バイきんぐの西村瑞樹さん(40)。苦労した若いころはお金がなくても大酒飲みで、結婚後は晩酌のためにツマミを作る毎日……。

 ◇  ◇  ◇

 初めて酒を飲んだのはもう時効だけど、学生時代。友達と「酒飲んでみよう!」とコンビニでレモンサワー買って。二十数年前はコンビニで売ってくれたんですよ。うちは両親ともに酒飲みだから、最初から意外と飲めて強くなる素質があったみたい。

 大人になって飲むようになってからは、だいたいビール。バイト生活で金がなくても、発泡酒は絶対に買わずちゃんとビールを買ってた。これだけは譲れないと。発泡酒とか飲んでたら芸人として売れないんじゃないかと思って(笑い)。その分、ツマミは50円のモヤシ炒め。

 一番飲んだのは30代前半で、コールセンターのバイト先の大好きな先輩の送別会。ビールを大ジョッキ10杯に、ハイボール10杯、焼酎をボトル1本。仕事が夜勤なんで24時間営業の居酒屋で、朝10時から先輩や仕事仲間と飲み始め、その日の夜中を通り越して翌朝まで20時間飲んでました。先輩が辞めちゃうのが寂しくて、飲みながら何回も泣きました。店を出ても「このまま別れるの寂しい!」と言って別の店に行き、結局、5軒ハシゴして。二日酔いがひどくて、飲んだ時間と同じ20時間寝てました。でも、吐かなかったから、強いんですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る