元アムラーが渋谷に ギャルの聖地で“安室詣で”現象発生中

公開日: 更新日:

 8日、安室奈美恵(40)のベストアルバム「Finally」が発売され、ギャルの聖地・渋谷では「安室詣で」なる現象が起きている。

 発売初日の渋谷の街は安室一色。ランドマークのSHIBUYA109のビル正面には、ギャル全盛だった時代を想起させる、ストレートロングにミニスカ、ブーツ姿の全身ポスターが登場。

 CDショップ各店では、ジャケット写真を駆使したオリジナル写真展を開催。タワーレコード渋谷店では「私が子供の頃に音楽から受けた感動と夢を……私の音楽やダンスで理想の女性を表現することで同世代の女性たちを応援することができたらとっても嬉しいかな」という安室自身のコメントつきで展示されている。センター街と公園通りの垂れ幕広告は通りごとに印刷されたメッセージが異なり、道行く人たちはスマホで写真を撮りまくっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  8. 8

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  9. 9

    流行語大賞に!忘年会で使える「ラグビー用語の基礎知識」

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る