空前の盛り上がり 安室奈美恵の引退とSMAP解散の決定的差

公開日: 更新日:

 9月に引退を表明した安室奈美恵(40)のベストアルバム「Finally」が8日に全国発売された。1992年のデビューから、新曲まで全52曲を収録。CDとDVD付き、ブルーレイ対応の3種を同時発売し、予約段階ですでに100万枚売り上げているという。

 初回限定盤は「ライブチケット購入優先券」入りで、このほか購入店舗限定でスペシャルポスターなど特典も多岐にわたり、ファンは複数枚のCD購入必至だ。音楽評論家の富澤一誠氏がこう言う。

「昨年解散したSMAPは、本人たちの露出がなく、フェードアウト状態でしたが、ベストアルバム『SMAP 25 YEARS』の売り上げは、約120万枚でした。それに比べて安室は、引退が1年後、みんなで“カウントダウン”状態。みんなで盛り上がりを共有しているのが大きな違いです。最近はクリスマスCMに安室が登場、全国のCDショップでPVが流れ、これからパブリシティーが効いてくるので、後伸びも期待できます。ベスト盤だけで200万枚を超えるのではないでしょうか。売れ行き次第では“ファンの要望に応えて”という名目で、最後のオリジナルアルバムもリリースするかもしれません」

 “閉店セール”は空前の賑わいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る