二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

安室奈美恵の引退宣言で思い出す 母・恵美子さんの“遺言”

公開日:  更新日:

 芸能人の仕事に頂点はない。役者・歌手としてどんなにヒット作を作ろうと、まだ上を目指し、年齢に関係なく仕事を続ける方が大半。ただし、山口百恵さんのように「女性としての幸せ」と仕事よりも家庭を選択。新たな頂を目指し引退する人もいる。

 世間を仰天させた安室奈美恵(40)の引退は前例のないケースだった。アーティストとして人気も実力も衰えのない安室。「なぜ」と惜しむ一方で、安室らしい「美学」という声も聞く。

 振り返れば、彼女らしい決断とも思う。小学4年で「沖縄アクターズスクール」に通い、中学卒業後、芸能界に入るのも安室自身の決断。筆者と親交の深かった母親の恵美子さんはかつてこう話していた。

「奈美恵はなんでも自分で決める子。私にはだいたい事後報告でした」

 SAMとの結婚もしかり。人気絶頂期の出産・育児休暇を不安視したのは母親も変わらなかったが、「私も中学を出て、集団就職で上京。二十歳の時にできちゃった婚でしたから、反対などできません。それより奈美恵と私の人生が重なるのが不思議でした」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る