二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

安室奈美恵の引退宣言で思い出す 母・恵美子さんの“遺言”

公開日:  更新日:

 芸能人の仕事に頂点はない。役者・歌手としてどんなにヒット作を作ろうと、まだ上を目指し、年齢に関係なく仕事を続ける方が大半。ただし、山口百恵さんのように「女性としての幸せ」と仕事よりも家庭を選択。新たな頂を目指し引退する人もいる。

 世間を仰天させた安室奈美恵(40)の引退は前例のないケースだった。アーティストとして人気も実力も衰えのない安室。「なぜ」と惜しむ一方で、安室らしい「美学」という声も聞く。

 振り返れば、彼女らしい決断とも思う。小学4年で「沖縄アクターズスクール」に通い、中学卒業後、芸能界に入るのも安室自身の決断。筆者と親交の深かった母親の恵美子さんはかつてこう話していた。

「奈美恵はなんでも自分で決める子。私にはだいたい事後報告でした」

 SAMとの結婚もしかり。人気絶頂期の出産・育児休暇を不安視したのは母親も変わらなかったが、「私も中学を出て、集団就職で上京。二十歳の時にできちゃった婚でしたから、反対などできません。それより奈美恵と私の人生が重なるのが不思議でした」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る