二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

安室奈美恵の引退宣言で思い出す 母・恵美子さんの“遺言”

公開日: 更新日:

 芸能人の仕事に頂点はない。役者・歌手としてどんなにヒット作を作ろうと、まだ上を目指し、年齢に関係なく仕事を続ける方が大半。ただし、山口百恵さんのように「女性としての幸せ」と仕事よりも家庭を選択。新たな頂を目指し引退する人もいる。

 世間を仰天させた安室奈美恵(40)の引退は前例のないケースだった。アーティストとして人気も実力も衰えのない安室。「なぜ」と惜しむ一方で、安室らしい「美学」という声も聞く。

 振り返れば、彼女らしい決断とも思う。小学4年で「沖縄アクターズスクール」に通い、中学卒業後、芸能界に入るのも安室自身の決断。筆者と親交の深かった母親の恵美子さんはかつてこう話していた。

「奈美恵はなんでも自分で決める子。私にはだいたい事後報告でした」

 SAMとの結婚もしかり。人気絶頂期の出産・育児休暇を不安視したのは母親も変わらなかったが、「私も中学を出て、集団就職で上京。二十歳の時にできちゃった婚でしたから、反対などできません。それより奈美恵と私の人生が重なるのが不思議でした」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る