二代目白鸚襲名へ 松本幸四郎が「大石最後の一日」を熱演

公開日: 更新日:

 美男で華やか、軽妙で面白く笑わせる――人気役者の大半がそういう人たちだ。しかし尾上松緑はそのどちらでもない。その松緑が国立劇場の「坂崎出羽守」で主役を務め、評判になっている。大正時代の1921年に作家・山本有三が六代目菊五郎のために書いたもので、二代目松緑が継ぎ、今回、孫の四代目が初めて取り組み、36年ぶりの上演となった。

「坂崎出羽守」は、女性に嫌われる「男の悲劇」を描き、救いのないラストの暗い芝居だ。これが松緑に合っている。坂崎出羽守という人物の持つ「闇」が迫ってくるのだ。見ていて楽しいわけではないし、陰々滅々とした気分になる。しかし、引き込まれる。これも芝居の面白さだ。毎月見たいとは思わないが、年に一度はこういうダークな歌舞伎もいい。

 歌舞伎座は顔見世興行で、菊五郎、幸四郎、仁左衛門、吉右衛門、藤十郎と大幹部が揃って、それぞれの得意とする役を演じている。若い世代では染五郎のみが「鯉つかみ」で主演。来年1月に「松本幸四郎」を襲名するので、染五郎としては最後の歌舞伎座となり、他に仁左衛門の「仮名手本忠臣蔵」と父・幸四郎の「大石最後の一日」にも出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  2. 2

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  7. 7

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  8. 8

    時代の流れに逆行…花形種目のマラソンが五輪から消える日

  9. 9

    渥美清<前編>“飴屋横丁”で働き身につけた寅さんの売り口上

  10. 10

    「FNS27時間テレビ」過去最低5.8%記録 では最高視聴率は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る