二代目白鸚襲名へ 松本幸四郎が「大石最後の一日」を熱演

公開日: 更新日:

 美男で華やか、軽妙で面白く笑わせる――人気役者の大半がそういう人たちだ。しかし尾上松緑はそのどちらでもない。その松緑が国立劇場の「坂崎出羽守」で主役を務め、評判になっている。大正時代の1921年に作家・山本有三が六代目菊五郎のために書いたもので、二代目松緑が継ぎ、今回、孫の四代目が初めて取り組み、36年ぶりの上演となった。

「坂崎出羽守」は、女性に嫌われる「男の悲劇」を描き、救いのないラストの暗い芝居だ。これが松緑に合っている。坂崎出羽守という人物の持つ「闇」が迫ってくるのだ。見ていて楽しいわけではないし、陰々滅々とした気分になる。しかし、引き込まれる。これも芝居の面白さだ。毎月見たいとは思わないが、年に一度はこういうダークな歌舞伎もいい。

 歌舞伎座は顔見世興行で、菊五郎、幸四郎、仁左衛門、吉右衛門、藤十郎と大幹部が揃って、それぞれの得意とする役を演じている。若い世代では染五郎のみが「鯉つかみ」で主演。来年1月に「松本幸四郎」を襲名するので、染五郎としては最後の歌舞伎座となり、他に仁左衛門の「仮名手本忠臣蔵」と父・幸四郎の「大石最後の一日」にも出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  2. 2
    MLB労使協定失効まで1週間…大谷翔平がロックアウト不可避なら“大損”する理由

    MLB労使協定失効まで1週間…大谷翔平がロックアウト不可避なら“大損”する理由

  3. 3
    「5年12億円」の阪神より“最低保証2200万円”のメッツを選んだ新庄のひと言

    「5年12億円」の阪神より“最低保証2200万円”のメッツを選んだ新庄のひと言

  4. 4
    眞子さんの結婚は「国民」の気持ちに反していたのか? 皇室ジャーナリストの発言に違和感

    眞子さんの結婚は「国民」の気持ちに反していたのか? 皇室ジャーナリストの発言に違和感

  5. 5
    【兵庫2児焼殺事件】妹家族と暮らす51歳独身男の複雑怪奇な共同生活…携帯持たず引きこもりだった

    【兵庫2児焼殺事件】妹家族と暮らす51歳独身男の複雑怪奇な共同生活…携帯持たず引きこもりだった

もっと見る

  1. 6
    斉藤鉄夫国交相に特大ブーメラン!「買収」に対して誰よりも厳しかった国会答弁の数々

    斉藤鉄夫国交相に特大ブーメラン!「買収」に対して誰よりも厳しかった国会答弁の数々

  2. 7
    ますます高まる「CSなんかやめちまえ!」 セパ王者対決白熱で日本シリーズのあり方浮き彫り

    ますます高まる「CSなんかやめちまえ!」 セパ王者対決白熱で日本シリーズのあり方浮き彫り

  3. 8
    巨人金欠で最多勝・九里の広島残留に球団ニンマリ “全権”原監督だけが眉ひそめるトホホ

    巨人金欠で最多勝・九里の広島残留に球団ニンマリ “全権”原監督だけが眉ひそめるトホホ

  4. 9
    岸田首相が率先して「議員特権」を享受 原宿に億ション所有も“格安”議員宿舎入居の怪

    岸田首相が率先して「議員特権」を享受 原宿に億ション所有も“格安”議員宿舎入居の怪

  5. 10
    巨人CS惨敗の赤っ恥で案の定…「大補強」今オフもやるってよ! 弱い金満が狙う6人の名前

    巨人CS惨敗の赤っ恥で案の定…「大補強」今オフもやるってよ! 弱い金満が狙う6人の名前