小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

硬派ネタと茶目っ気 鈴木哲夫はバランス感覚が優れている

公開日: 更新日:
鈴木哲夫氏(C)日刊ゲンダイ

診断結果は…【良】

 35年近く一貫して報道制作畑を歩んできた鈴木哲夫。83年福岡にあるフジテレビ系ローカル局に入社後、キー局に出向して政治部で自民党・経世会を担当したのがスタートで、その後、TOKYO MX、衛星チャンネル、BS11と転籍し、13年6月フリーに。この10月からはフジ系「みんなのニュ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  9. 9

    失地回復に金正恩…米ロ外遊強行“外交のアベ”演出の皮算用

  10. 10

    24時間テレビでCocomi&Koki,&キムタク出演計画が進行中

もっと見る