• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メディアに出ずっぱり “東京相撲記者クラブ会友”って何?

 横綱日馬富士(33)が29日、現役引退を決断し日本相撲協会に引退届を提出。福岡市内で師匠の伊勢ケ浜親方と引退会見を行い、自らの口で現役引退を発表したが、貴ノ岩(27)への暴力事件の全貌はいまだ解明されていない。
 
 そんななか、日馬富士と貴ノ岩を巡る暴力事件で連日連夜、ワイドショーや情報番組に引っ張りダコなのが「東京相撲記者クラブ会友」の面々だ。新聞社やテレビ局にはそれぞれ担当記者がいるはずなのに、なぜか現役よりもキャラが立っている。一体何者なんだ?

 サラリーマンでも会社を引退したOBらを社友といったりするが、東京相撲記者クラブ会友は同クラブに所属していた相撲担当記者OBを指す。ただし会友資格は、55歳以上でクラブに10年以上在籍という条件を満たす者のみ。

 今回の報道特需でメディアに出ずっぱりの“会友五人衆”は07年の朝青龍八百長疑惑時にも活躍していた杉山邦博氏(87=元NHK)、山崎正氏(73=元テレ朝)、大隅潔氏(75=元スポニチ)、大見信昭氏(74=元夕刊フジ)、そして銅谷志朗氏(73=元テレ朝)といったお歴々である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る