メディアに出ずっぱり “東京相撲記者クラブ会友”って何?

公開日:

 横綱日馬富士(33)が29日、現役引退を決断し日本相撲協会に引退届を提出。福岡市内で師匠の伊勢ケ浜親方と引退会見を行い、自らの口で現役引退を発表したが、貴ノ岩(27)への暴力事件の全貌はいまだ解明されていない。
 
 そんななか、日馬富士と貴ノ岩を巡る暴力事件で連日連夜、ワイドショーや情報番組に引っ張りダコなのが「東京相撲記者クラブ会友」の面々だ。新聞社やテレビ局にはそれぞれ担当記者がいるはずなのに、なぜか現役よりもキャラが立っている。一体何者なんだ?

 サラリーマンでも会社を引退したOBらを社友といったりするが、東京相撲記者クラブ会友は同クラブに所属していた相撲担当記者OBを指す。ただし会友資格は、55歳以上でクラブに10年以上在籍という条件を満たす者のみ。

 今回の報道特需でメディアに出ずっぱりの“会友五人衆”は07年の朝青龍八百長疑惑時にも活躍していた杉山邦博氏(87=元NHK)、山崎正氏(73=元テレ朝)、大隅潔氏(75=元スポニチ)、大見信昭氏(74=元夕刊フジ)、そして銅谷志朗氏(73=元テレ朝)といったお歴々である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る