「天空海」は何と読む? 角界に“キラキラネーム”急増中

公開日:  更新日:

 角界も時代の波には逆らえない。最近、力士のキラキラネームが急増している。

 かつての力士のしこ名と言えば、〇〇海、△△山など自然の雄大さなどにあやかったものが多かった。あるいは、琴(佐渡ケ嶽)、千代(九重)など部屋を象徴する文字をもらって名づけるのが一般的だ。

 ところが、昨今のしこ名は“個性化”するばかり。天空海と書いて、「あくあ」と読ませる。ほとんどの人が読めないだろうが、今場所の天空海は西幕下4枚目ですでに勝ち越しており、来場所の十両昇進が濃厚。あくあの呼び名も定着するはずだ。

 また、三段目の爆羅騎は、「ばらき」と読む。昔の暴走族のようなネーミングだが、本名から付けた立派なしこ名だ。

 この爆羅騎も含め、式秀部屋はキラキラネームの宝庫と言っていい。他にも、桃智桜、黎大、覇王、大当利。桃智桜は、本人がアイドルの嗣永桃子(愛称・ももち)のファンであることから命名された。嗣永が芸能界を引退してしまっただけに、桃智桜の力士寿命も心配になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る