• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

居酒屋で客の人生相談も 遠藤憲一が忘れない“生活者目線”

 ドラマにCM、ナレーションと大活躍の俳優、遠藤憲一(56)。殺され役やチンピラ役がほとんどの「Vシネ役者」だったのが、徐々に役を増やし、コントやバラエティーにも進出しているのはご存じの通り。俳優としては現在、NHK朝ドラ「わろてんか」にテレビ朝日系「ドクターX」など話題作に出演。年明けのテレ朝系ドラマ「白日の鴉」では痴漢の罪を着せられたサラリーマンを演じることでも話題だ。

 日本では起訴されれば99・9%有罪となり、被害者の証言だけで有罪になるとされる痴漢で塀の中へと送られてしまう役である。遠藤は「冤罪に巻き込まれる役は初めてですが、やるからにはとことん入り込んで演じたい」と言っている。演技の幅の広さには定評があるが、一体それはどのようにして培っているのか。

 遠藤をよく知る芸能関係者がこう言う。

「新宿在住の遠藤は、女将さんが一人でやっているカウンターだけの小さな居酒屋の常連で、忙しい仕事の合間を縫っては顔を出しています。そこでご近所の顔見知りと交流し、初対面の人とも気軽に打ち解けて、2丁目に繰り出したりしている。そういう時間と人間模様が、役の引き出しをつくり、役者として味を出している。イチ中高年、生活者としての目線でいるからいいのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る