歌舞伎座で初主演 香川照之が挑んだ“ニヒリズム親子劇”

公開日:

 香川照之が、歌舞伎界に入り市川中車を襲名したのは12年6月だったから、5年が過ぎた。この間、幹部役者たちは中車とほとんど共演しなかったが、市川海老蔵と坂東玉三郎が積極的に相手役に起用したおかげで、ついに歌舞伎座で主役をつとめるまでになった。今月は玉三郎を相手に、長谷川伸の「瞼の母」で主役である。

 中車演じる博徒の忠太郎は幼い時に母と生き別れた。ある日、母らしき女性がいることを知り、会いに行く。その女性が玉三郎演じる料理茶屋の女主人、おはま。忠太郎は自分の名前と生い立ちを説明し、あなたは母ではないかと迫る。おはまは自分に忠太郎という子がいたことは認めるが、その子は死んだ、おまえは私の子ではないと言い放つ。忠太郎がカネ目当てで会いに来たと勘ぐっているのだ。

 結局、おはまが認めないので忠太郎は引き揚げる。だが、その後おはまは娘に説得され改心し、忠太郎を追う。その母の姿を見ながらも、忠太郎はもう会おうとしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る