飯田久彦
著者のコラム一覧
飯田久彦エイベックス・エンタテインメント シニアアドバイザー

1941年、東京都出身。歌手として62年の「ルイジアナ・ママ」が大ヒットしてチャコの愛称で親しまれた。72年ビクター音楽産業(現ビクターエンタテインメント)にアルバイトとして入社、プロデューサーとして活躍、99年3月専務取締役、同年6月テイチクエンタテインメント社長、05年同社会長、06年エイベックス・エンタテインメント取締役、現在、同社シニアアドバイザー。

行かないより行った方がいい やらないよりやった方がいい

公開日:
松崎しげるを担当したことも(C)日刊ゲンダイ

 最初はアシスタントをやったり、売れていない歌手を担当しました。先輩のディレクターからは「オイ飯田! 歌い手崩れ」なんて呼ばれて。まだミュージシャンが制作者になる時代ではありませんでしたからね。でもね、そんな呼び方をされたのが、逆にエネルギーになったんです。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る