• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
飯田久彦
著者のコラム一覧
飯田久彦エイベックス・エンタテインメント シニアアドバイザー

1941年、東京都出身。歌手として62年の「ルイジアナ・ママ」が大ヒットしてチャコの愛称で親しまれた。72年ビクター音楽産業(現ビクターエンタテインメント)にアルバイトとして入社、プロデューサーとして活躍、99年3月専務取締役、同年6月テイチクエンタテインメント社長、05年同社会長、06年エイベックス・エンタテインメント取締役、現在、同社シニアアドバイザー。

行かないより行った方がいい やらないよりやった方がいい

松崎しげるを担当したことも(C)日刊ゲンダイ

 最初はアシスタントをやったり、売れていない歌手を担当しました。先輩のディレクターからは「オイ飯田! 歌い手崩れ」なんて呼ばれて。まだミュージシャンが制作者になる時代ではありませんでしたからね。でもね、そんな呼び方をされたのが、逆にエネルギーになったんです。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事