• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
飯田久彦
著者のコラム一覧
飯田久彦エイベックス・エンタテインメント シニアアドバイザー

1941年、東京都出身。歌手として62年の「ルイジアナ・ママ」が大ヒットしてチャコの愛称で親しまれた。72年ビクター音楽産業(現ビクターエンタテインメント)にアルバイトとして入社、プロデューサーとして活躍、99年3月専務取締役、同年6月テイチクエンタテインメント社長、05年同社会長、06年エイベックス・エンタテインメント取締役、現在、同社シニアアドバイザー。

50代でビクターからテイチクに移籍 そしてエイベックスへ

松浦社長からの誘いがきっかけでエイベックスへ(C)日刊ゲンダイ

「歌い手崩れ」がビクターの役員になったのですが、「私でいいのか」と不安と反省の日々でした。それでも責任を持ってやらなければという思いがあってチームワークを大事にしました。みんなでいつも音楽論や作品論を交わしました。

 阿久先生と出会った頃もそうでした…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事