大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

マンガ原作頼み邦画に一石 長澤まさみ最新作の挑戦的手法

公開日: 更新日:

 長澤まさみ主演の「嘘を愛する女」が公開されている。04年の「世界の中心で、愛をさけぶ」以来となる長澤と高橋一生の共演も話題だが、最終で興収10億円に届くかどうか。やや物足りない数字だが、この作品は中身や興行とは別のところにも注目して欲しい。映画の製作過程が従来の方法とはまるで違うのである。

 本作は、映画企画と若きクリエーターの発掘を目的としたコンペティション「TSUTAYAクリエーターズ・プログラム フィルム」から生み出された。

 審査方法もなかなか画期的で、出来上がった脚本ではなく、企画段階のシノプシス(あらすじ)などを吟味して決める。審査員はプロデューサーが務め、受賞企画には資金面などを含めた映画化のサポートが用意される。その第1回のグランプリ企画が「嘘を愛する女」であった。

 いまの邦画はベストセラー小説、人気コミックなどが原作となる場合が多く、オリジナル企画の映画化は少ない。ヒットさせるべく過度なマーケティング手法が蔓延しているからで、認知度がほぼ全くないオリジナル企画はあまり歓迎されない。もちろん、認知度は映画の製作にとって大切だが、そればかりが優先されるとマンネリ化する。事実、人気コミック原作が増えた昨年は、似たような作品ばかりが並んだこともあり、成果は低かった。その意味から、同プロジェクトは邦画製作の新展開として注目に値するのである。

 とはいえ、作品の中身についてひと言添えたい。サスペンス的な話の展開の割には謎の部分の底が浅いのだ。もっとも、何事もすぐに結果が出るわけではなく、邦画製作の新たな担い手がここから続々と出てくるかもしれない。主催のTSUTAYAには、すぐに採算を考えず粘り腰を見せてもらいたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る