地上波レギュラー消滅 元SMAP3人“サブカル系”に転身必至

公開日:

「あの3人がこれから芸能界でやっていけるのか、正直、まだ誰にも分からない」とは、ある民放キー局関係者だ。

 元SMAPの稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が古巣のジャニーズ事務所から独立を果たしてはや3カ月余り。再出発ののろしとなったAbemaTVの「72時間ホンネテレビ」では数百万人の視聴者を集め、来年2月放映がスタートするサントリーのノンアルコールビールの新CMも決定。翌3月には大手レコード会社からCDデビューも内定し、続く4月には映画「クソ野郎と美しき世界」の公開も控えている。

 それはもうすこぶる順調かつド派手な活躍ぶりが目立つが、水面下で漏れ伝わってくるのは、それと裏腹な苦戦情報ばかりだという。

 前出のキー局関係者が続ける。

「地上波キー局での新レギュラー番組が相変わらず決まらないんです。香取は日本テレビが来年2月初旬に放送する『全日本仮装大賞』で萩本欽一とのダブル司会が決定しましたが、これはあくまで欽ちゃんのゴリ押しで実現したもの。日テレがキャスティングしたくてはめたわけではない。草なぎも年明けにNHKドラマが決まったものの単発出演。既に報じられているように、香取は『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)、草なぎは『ぷっすま』(テレビ朝日系)、そして稲垣は『ゴロウ・デラックス』(TBS系)とそれぞれMCを務める番組の打ち切りが内定している。3人にしてみれば欲しいのはやっぱり地上波のレギュラー。“腐っても地上波”で自分たちの存在価値をアピールできますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る