二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

単純ミス連発 たけし騒動で露呈した情報番組の課題

公開日: 更新日:

「たけし軍団」と森昌行社長(65)のバトルは独立したビートたけし(71)に森社長が謝罪する形で決着した。結局、「森社長の経営方針に問題あり」という軍団の主張を森社長が認め、反省させたことで着地点を見いだしたのだろう。改めてたけしと軍団の固い絆を痛感するが、課題も残した。

 その前に騒動の副産物で生まれたワイドショーの課題。あまりに懐かしい軍団の面々にグレート義太夫をウガンダ・トラと間違えた日テレの「スッキリ」。若いスタッフはすでに軍団を知らないことから起きた単純なミスだろうが、タレントの写真を間違えるのはあってはならないことだ。

 フジの「グッディ」のミスは一考に値する。「オフィス北野」の社員のインタビューを放送したが、森社長が「ニセ者」と指摘したことで謝罪。近年の情報番組は「独占告白」など衝撃的な言葉が新聞のラテ欄を飾るが、その大半は文春を筆頭とする週刊誌のスクープの紹介。俗に言う「人のふんどしで相撲を取る」がやたらと増えている。見る側は「なんだ、週刊誌の話か」と肩透かしされ、番組の信用問題にもつながり兼ねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る