朝ドラ視聴率好調 永野芽郁の強みは「SNSで叩かれない」

公開日:

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」は初回から4話連続で視聴率20%超え(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をキープ。まずまずの船出となった。そこで注目されているのは、ヒロインの永野芽郁(18)である。

 突如彗星のように現れた10代女優のような印象だが、永野は10歳で映画出演した子役出身。新垣結衣を輩出したティーン誌「ニコラ」(新潮社)のモデルを務め、2017年には「ひるなかの流星」「ピーチガール」ほか1年で計5作品が公開されるという、青春胸キュン映画には欠かせない存在。満を持して、“ティーンのカリスマ”が朝ドラに大抜擢されたという形だ。彼女の魅力についてコラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

「新垣結衣、能年玲奈(現・のん)、その上だと長澤まさみに通じる“透明感”でしょう。そういう先輩がオトナになってぽっかり空いたポストを一手に引き受けたのが永野芽郁。出てきたタイミングもラッキーでした。SNS全盛の今は好かれることより嫌われないことが大事で、ティーンのファッション誌モデルならではで“女子ウケ”も良く、SNSで叩かれない。演技面では、素も演技も全く変わらないタイプ。芝居になると人が変わる広瀬すずとは対照的です。今はそんな未完成さが好感度になっていますが、連ドラは放映が毎日ですから、素の感じだけで持つかどうか。力量が試されるでしょう」

 今、前作「わろてんか」主演の葵わかな(19)にネガティブな意見が多いのも永野にとっては追い風。このまま一気にスター女優の階段を駆け上がるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る