キスだけなのか TOKIO山口達也の書類送検“厳重処分”の意味

公開日:  更新日:

「記憶が曖昧」「捜査中なので」――。まるで安倍政権に忖度する官僚のような“答弁”の連発だった。

 NHKの番組出演を通じて知り合った女子高生(16)を自宅マンションに呼び出し、無理やりキス。強制わいせつ容疑で警視庁に書類送検された「TOKIO」の山口達也(46)が26日、都内で会見した。約200人の報道陣を前に手を震わせ、脂汗をにじませながら、無期限謹慎すると公表した。

 謝罪やメンバーへの思いは冗舌に語った山口だが、事件当日の2月12日に「何もしないなら帰れ」と女子高生に言い放ったのか、女子高生が母親に電話で助けを求めたことを知っていたかとの質問には、「捜査中なので申し上げることができない」と回答拒否。自らの行為についていくら問われても「酩酊、泥酔という感じになってしまいまして」「記憶が断片的」などと、酒のせいにしてゴマかし続けたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る