山口達也をNEWS小山が断罪 ジャニーズ“MC戦略”の自縄自縛

公開日: 更新日:

「先輩のあんな顔を見たくなかった。しかし被害者はの方はもっともっとつらい思いをされている」「山口さんにはしっかりと被害者の方に向き合って欲しい」――。

 厳しい言葉でTOKIOの山口達也(46)を“断罪”したのは、ジャニーズ事務所の後輩にあたる「NEWS」の小山慶一郎(33)。

 女子高生に対する強制わいせつ容疑で書類送検され、26日に謝罪会見を行った山口だが、会見の様子を放送した日本テレビ系「news every.」でキャスターを務める小山は生放送で不肖の先輩を非難した。

 26日の早朝には、TOKIOのメンバー・国分太一(43)が自身がMCを務める番組「ビビット」(TBS系)で涙ながらに謝罪。身内が起こした“事件”だからこそスルーすることなく厳しく扱うといえば聞こえはいい。だが、その裏には自縄自縛ともいうべきジャニーズ事務所の経営方針があったのだから皮肉である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

もっと見る