• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

会見で号泣の山口達也…頻発していた六本木“酒乱”トラブル

 女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されていたこと分かった「TOKIO」の山口達也(46)が26日午後2時過ぎ、都内のホテルで弁護士を伴って記者会見を開いた。弁護士は「芸能活動は無期限謹慎」と明らかにした。

 大勢の報道陣が待ち構える中、山口は黒いスーツ姿でうつむき加減で登場。30秒にわたり、頭を下げて謝罪。泣きながら、「世の中を騒がせたこと、被害者、怒り、あきれている方のためにも、私の口から報告させていただきます」と話した。

■「お酒の関係で体を壊し1カ月入院」

 当初、警視庁の事情聴取に「酒を飲んでいて覚えていない」と話していた山口は、会見で「今年1月15日くらいからお酒の関係で体を壊し、1カ月入院していた」と告白。2月12日に退院したが、「(事件当日は)片付けをしなければならず、家でお酒を少し飲もうかなという気になった」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る