吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

水道橋博士<前編>小声で「オフィス北野に深刻な問題が…」

公開日: 更新日:

 今年の2月21日の夜。私は久しぶりに水道橋博士とサシ飲みをした。場所は六本木の焼き鳥屋。ワインも飲める洒落た店だったが、私は博士の話にコンフィデンシャル(機密)事項が多いので、もちろん個室を取った。近著の「藝人春秋2」というトンデモナイ本を読むと自ら「芸能界に潜むスパイ」と称しながらも誠にギリギリの内容ながら正確性・リアリティーも十分ある。その博士の著作やテレビでもネットでも公表出来ない話をたっぷり4時間も聞いた。

 私は自身が入手したネタも放り込みながら、ほとんど博士の話をどっぷりと耳にしたのである。「えー。そうなんですか!」と何回言ったことだろう。博士は「それでね……」と続けてさらにその続きの凄い話を繰り出してくる。芸能界ばかりでなく日本も(?)ひっくり返りそうな話がとめどもなく出てくる。何杯もウーロンハイを飲んだが私の目と頭は夜が更けるにつれてさらに冴えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  8. 8

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る