吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

水道橋博士<前編>小声で「オフィス北野に深刻な問題が…」

公開日:

 今年の2月21日の夜。私は久しぶりに水道橋博士とサシ飲みをした。場所は六本木の焼き鳥屋。ワインも飲める洒落た店だったが、私は博士の話にコンフィデンシャル(機密)事項が多いので、もちろん個室を取った。近著の「藝人春秋2」というトンデモナイ本を読むと自ら「芸能界に潜むスパイ」と称しながらも誠にギリギリの内容ながら正確性・リアリティーも十分ある。その博士の著作やテレビでもネットでも公表出来ない話をたっぷり4時間も聞いた。

 私は自身が入手したネタも放り込みながら、ほとんど博士の話をどっぷりと耳にしたのである。「えー。そうなんですか!」と何回言ったことだろう。博士は「それでね……」と続けてさらにその続きの凄い話を繰り出してくる。芸能界ばかりでなく日本も(?)ひっくり返りそうな話がとめどもなく出てくる。何杯もウーロンハイを飲んだが私の目と頭は夜が更けるにつれてさらに冴えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る