• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

水道橋博士<前編>小声で「オフィス北野に深刻な問題が…」

 今年の2月21日の夜。私は久しぶりに水道橋博士とサシ飲みをした。場所は六本木の焼き鳥屋。ワインも飲める洒落た店だったが、私は博士の話にコンフィデンシャル(機密)事項が多いので、もちろん個室を取った。近著の「藝人春秋2」というトンデモナイ本を読むと自ら「芸能界に潜むスパイ」と称しながらも誠にギリギリの内容ながら正確性・リアリティーも十分ある。その博士の著作やテレビでもネットでも公表出来ない話をたっぷり4時間も聞いた。

 私は自身が入手したネタも放り込みながら、ほとんど博士の話をどっぷりと耳にしたのである。「えー。そうなんですか!」と何回言ったことだろう。博士は「それでね……」と続けてさらにその続きの凄い話を繰り出してくる。芸能界ばかりでなく日本も(?)ひっくり返りそうな話がとめどもなく出てくる。何杯もウーロンハイを飲んだが私の目と頭は夜が更けるにつれてさらに冴えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る