• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アウトレイジ」新作に喝采 北野武ベネチアでサイン攻め

 第74回ベネチア国際映画祭が9日(日本時間10日未明)に閉幕。クロージング作品として北野武監督(70)の最新作「アウトレイジ 最終章」が上映された。

 北野監督にとってベネチアは1997年にコンペティション部門で「HANA―BI」が金獅子賞(グランプリ)に輝くなど縁の深い映画祭。

 記者会見では「ダメな監督と言われたり、体を壊したこともあり、日本のエンターテインメントではもう終わった人というような記事を書かれたり噂もあったり、一番自分のキャリアの中で落ち込んでいた時代があった。でもその後、ベネチアで立派な賞をいただいたことで、一気にエンターテイナーとしての地位に戻ることができた。自分のキャリアの中でベネチアは絶対に欠かせない。自分の芸能生活のひとつのエポック、事件で、いつも感謝しています」と感慨深げ。

 上映後はスタンディングオベーションの大喝采でサイン攻めだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る