「アウトレイジ」新作に喝采 北野武ベネチアでサイン攻め

公開日:

 第74回ベネチア国際映画祭が9日(日本時間10日未明)に閉幕。クロージング作品として北野武監督(70)の最新作「アウトレイジ 最終章」が上映された。

 北野監督にとってベネチアは1997年にコンペティション部門で「HANA―BI」が金獅子賞(グランプリ)に輝くなど縁の深い映画祭。

 記者会見では「ダメな監督と言われたり、体を壊したこともあり、日本のエンターテインメントではもう終わった人というような記事を書かれたり噂もあったり、一番自分のキャリアの中で落ち込んでいた時代があった。でもその後、ベネチアで立派な賞をいただいたことで、一気にエンターテイナーとしての地位に戻ることができた。自分のキャリアの中でベネチアは絶対に欠かせない。自分の芸能生活のひとつのエポック、事件で、いつも感謝しています」と感慨深げ。

 上映後はスタンディングオベーションの大喝采でサイン攻めだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る