無名時代の励みに 寺島進の心を打った北野武28年前の言葉

公開日:  更新日:

 2006年の日本アカデミー賞優秀助演男優賞をはじめ、数々の助演男優賞を獲得、名バイプレーヤーとして活躍中の寺島進さん(54)。無名時代を支えたのは、あの人の“一撃”だ。

 ◇  ◇  ◇

「兄ちゃん、今売れてなくてもずっと続けろよ」

 千葉・千倉町(現南房総市)の旅館でした。声をかけてくれたのは北野武監督(71)です。1991年10月公開の映画「あの夏、いちばん静かな海。」のロケが始まって数日後、「軽トラの男」という役を突然いただき、現場に入っていました。晩飯は大広間で監督以下、役者やスタッフらみんなで食べるのですが、助監督と隅っこで飲んでいたら「こっちに来なよ」って。しかも、目の前に座らせられて話してるうちに、こう言ってくれたんです。

「スポーツ選手とか俺らみたいに話す仕事ってのは反射神経とか運動神経が必要だから、現役生活って限られるけど、役者ってのは死ぬまで現役でいられるんだからさ。この先、20年後、30年後に売れて死ぬ間際に天下取ったら兄ちゃんの人生、勝ちだからよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る