二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

タレントを育てて売る…「オフィス北野」が忘れていた基本

公開日:  更新日:

「離婚」と「独立」に円満はないのが相場。衝突が起きて揉めた末に袂を分かつ。我慢できずに暴露すれば、それはドロ沼劇の始まりとなる――。

「自分の時間をつくりたい」と自身がつくった事務所から円満独立したはずだったビートたけし(71)も綻びが出始めた。当初、「たけしの愛人が現場にも現れて口を出す」などと独立の原因と矢面に立たされていたのがたけしだった。これに対して強い絆で結ばれた「たけし軍団」がブログで反論。たけしが正式独立を迎えた4月1日、「オフィス北野」の森昌行社長に対して、「勝手に筆頭株主になった。高額な役員報酬を得ている」などと痛烈批判。愛人問題には触れず、独立の要因は「森社長にある」と、事務所に残る軍団が現社長を非難するという前代未聞の事態になった。

 飼い犬に噛まれた形の森社長は「驚きを禁じ得ない」とコメント。芸能関係者のなかには、「森社長のやったことが事実なら、業界内における信頼も失墜し事務所の存続も危うくなる」という声もある。名誉回復へ向け反論も予想されるが、軍団の話が事実ならば、たけしの独立は、軍団に対しての待遇や「軍団よりも社員の収入が多い」といった金銭面に起因していたことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る