二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

タレントを育てて売る…「オフィス北野」が忘れていた基本

公開日: 更新日:

「離婚」と「独立」に円満はないのが相場。衝突が起きて揉めた末に袂を分かつ。我慢できずに暴露すれば、それはドロ沼劇の始まりとなる――。

「自分の時間をつくりたい」と自身がつくった事務所から円満独立したはずだったビートたけし(71)も綻びが出始めた。当初、「たけしの愛人が現場にも現れて口を出す」などと独立の原因と矢面に立たされていたのがたけしだった。これに対して強い絆で結ばれた「たけし軍団」がブログで反論。たけしが正式独立を迎えた4月1日、「オフィス北野」の森昌行社長に対して、「勝手に筆頭株主になった。高額な役員報酬を得ている」などと痛烈批判。愛人問題には触れず、独立の要因は「森社長にある」と、事務所に残る軍団が現社長を非難するという前代未聞の事態になった。

 飼い犬に噛まれた形の森社長は「驚きを禁じ得ない」とコメント。芸能関係者のなかには、「森社長のやったことが事実なら、業界内における信頼も失墜し事務所の存続も危うくなる」という声もある。名誉回復へ向け反論も予想されるが、軍団の話が事実ならば、たけしの独立は、軍団に対しての待遇や「軍団よりも社員の収入が多い」といった金銭面に起因していたことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る