• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

山口達也抜け4人で再出発 TOKIOに復活の“秘策”はあるのか

 事務所の謝罪FAXの対応で始まったTOKIO山口達也(46)の強制わいせつ事件。山口本人の会見、メンバー4人の会見に続いてジャニーズ事務所からの「契約解除」で一応の解決とした。

 当初、事務所内から「解雇」の声も漏れ伝わっていたが、あくまでも「辞めたい」という本人の強い意志を優先した形の解除となった。このタイミングの発表には、動き出した週刊誌による事件の核心や山口の「酒癖・女癖」などの報道が相次ぐ。その前の解除という見方もされるが、山口はアルコール依存症治療に専念できる。ただ、TOKIOへの復帰は絶望的。実質、芸能界引退に等しいが、こんな意見もある。

「ギターの腕を生かしスタジオミュージシャンなど裏方で働く方法。それをサポートするのがジャニーズ事務所の支援になると思う」(音楽関係者)

 事務所の対応も今回は早かった。SMAPの「解散・独立」騒動ではテレビでの公開謝罪など「ブラック企業」と非難されただけに、山口の意志を尊重した今回の対応は最善策だった(?)。そして、なによりもダメージを最小限に食い止めたのが4人になったTOKIOのメンバーだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る