二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

山口達也抜け4人で再出発 TOKIOに復活の“秘策”はあるのか

公開日: 更新日:

 事務所の謝罪FAXの対応で始まったTOKIO山口達也(46)の強制わいせつ事件。山口本人の会見、メンバー4人の会見に続いてジャニーズ事務所からの「契約解除」で一応の解決とした。

 当初、事務所内から「解雇」の声も漏れ伝わっていたが、あくまでも「辞めたい」という本人の強い意志を優先した形の解除となった。このタイミングの発表には、動き出した週刊誌による事件の核心や山口の「酒癖・女癖」などの報道が相次ぐ。その前の解除という見方もされるが、山口はアルコール依存症治療に専念できる。ただ、TOKIOへの復帰は絶望的。実質、芸能界引退に等しいが、こんな意見もある。

「ギターの腕を生かしスタジオミュージシャンなど裏方で働く方法。それをサポートするのがジャニーズ事務所の支援になると思う」(音楽関係者)

 事務所の対応も今回は早かった。SMAPの「解散・独立」騒動ではテレビでの公開謝罪など「ブラック企業」と非難されただけに、山口の意志を尊重した今回の対応は最善策だった(?)。そして、なによりもダメージを最小限に食い止めたのが4人になったTOKIOのメンバーだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る