• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中高年女性は“秀樹ロス”…郷ひろみと野口五郎の現在地は

 先週、急性心不全で亡くなった西城秀樹(享年63)。1972年に「恋する季節」でデビューし、キャッチフレーズは“ワイルドな17才”。同時期にデビューした郷ひろみ、野口五郎とともに“新ご三家”として若い女性たちの人気を独占した。

「西城、郷、野口ははっきりとキャラクターがわかれていました。ジャニーズ所属でフォーリーブスの弟分として華やかにデビューした郷、演歌でデビューして歌唱力抜群でひょうきんな野口、そして野性的で、どこか不良っぽい西城。なかでももっともインパクトが強烈だったのが西城です。ファンの中高年女性にとってはまさに“秀樹ロス”状態です」(音楽関係者)

 そこで気になるのが今の郷と野口。

 亡くなった16日は郷の通算103枚目のシングル「恋はシュミシュミ」がリリースされた。’80sディスコ風サウンドの楽曲で女性ダンサーをバックにノリノリで踊る郷のPVが流されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る