中高年女性は“秀樹ロス”…郷ひろみと野口五郎の現在地は

公開日:

 先週、急性心不全で亡くなった西城秀樹(享年63)。1972年に「恋する季節」でデビューし、キャッチフレーズは“ワイルドな17才”。同時期にデビューした郷ひろみ、野口五郎とともに“新ご三家”として若い女性たちの人気を独占した。

「西城、郷、野口ははっきりとキャラクターがわかれていました。ジャニーズ所属でフォーリーブスの弟分として華やかにデビューした郷、演歌でデビューして歌唱力抜群でひょうきんな野口、そして野性的で、どこか不良っぽい西城。なかでももっともインパクトが強烈だったのが西城です。ファンの中高年女性にとってはまさに“秀樹ロス”状態です」(音楽関係者)

 そこで気になるのが今の郷と野口。

 亡くなった16日は郷の通算103枚目のシングル「恋はシュミシュミ」がリリースされた。’80sディスコ風サウンドの楽曲で女性ダンサーをバックにノリノリで踊る郷のPVが流されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る