追悼・西城秀樹さん 貫いたスーパースターの矜持と美学

公開日: 更新日:

 ヒデキ死す――。先月25日に入院、歌手の西城秀樹が心不全で人生の幕を閉じた。63歳だった。

 1955年、広島県生まれ。72年に「恋する季節」でデビューし、野口五郎(62)、郷ひろみ(62)と「新ご三家」として人気を博した。「傷だらけのローラ」など次々とヒット曲をリリース、YMCAの振り付けで有名な「YOUNG MAN」は28枚目のシングルとして80万枚を超えるセールスを記録した。またアニメの「ちびまる子ちゃん」中で“憧れのスター”として登場し、子供から大人まで広く愛された。

「3月ぐらいに事務所移転のご案内をいただき、住所がご自宅に変わり『お恥ずかしながら、当分予定も入れていないので』と伺っていたので心配していました。周囲に迷惑をかけないよう、整理されていたのでしょう。そういう気遣いも西城さんらしいです」(音楽関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

もっと見る