• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西城秀樹さん86枚 「新ご三家」シングルは合わせて何枚?

 西城秀樹さん(63)が亡くなり、テレビは連日報道している。72年のデビュー以来発売したシングルはなんと86枚。03年の最初の脳梗塞から復帰した06年も出し、まさに働き続け、頑張り続けた47年間だった。

 大活躍した70~80年代は歌謡曲全盛でレコードやCDはよく売れ、歌番組が高視聴率。「同年代としてとても残念」と語った郷ひろみ(62)、野口五郎(62)の新ご三家も気づけば還暦越え。野口はシングル63枚、郷はなんと103枚で近年も毎年リリース、なんともパワフルだ。新ご三家合計で252枚。浮き沈みが激しい芸能界で、これはすごい。

 この年代はヒットメーカーが粒ぞろい。森昌子、桜田淳子、山口百恵の中3トリオも来年全員が還暦だし、ピンク・レディーも還暦で昭和の後半を盛り上げたアイドルたちがシニア入り。女性歌手は引退や長期間休業するパターンも多いが、男女問わず今なお全国を飛び回る歌手も目立つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る