銀河鉄道999も実写化 80歳越えても松本零士が愛されるワケ

公開日:

 今年1月で80歳を迎えた「漫画家・松本零士」が今また大きくクローズアップされている。

 3月には「99.9―刑事専門弁護士―SEASONⅡ」(TBS系)で初のドラマ出演。5月には「銀河鉄道999」のキャラクターなどを描いた9種類のデザインマンホールが、少年時代を過ごした北九州市に設置され、JR小倉駅前で開催された式典にも出席した。

 さらにファンを喜ばせたのは、銀河鉄道999の新作だ。2007年を最後に中断していたが、生誕80年を記念して2月に刊行された「松本零士 無限創造軌道」(小学館)に掲載されている。

 5月に北九州の劇団「青春座」が上演した自伝的舞台「零のサムライ 松本零士物語」の脚本を執筆した柏田道夫氏はこう言う。

「どこを切り取って描くか苦労しました。松本先生の頭の中は、そのまま宇宙空間のようで広大すぎる。そこに銀河鉄道999や宇宙戦艦ヤマトが飛んでいて、キャプテンハーロックやメーテルはもちろん、トチローや『男おいどん』の大山昇太までいる。宇宙人そのままみたいな人ですね。お会いすると、幼少時代から漫画家になるまでの逸話を延々と語られる。でも、ご自分が描かれた漫画についてはあまり話されない。作品がすべて、松本零士の脳内世界の具現化で、読めば分かるということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る