銀河鉄道999も実写化 80歳越えても松本零士が愛されるワケ

公開日: 更新日:

 今年1月で80歳を迎えた「漫画家・松本零士」が今また大きくクローズアップされている。

 3月には「99.9―刑事専門弁護士―SEASONⅡ」(TBS系)で初のドラマ出演。5月には「銀河鉄道999」のキャラクターなどを描いた9種類のデザインマンホールが、少年時代を過ごした北九州市に設置され、JR小倉駅前で開催された式典にも出席した。

 さらにファンを喜ばせたのは、銀河鉄道999の新作だ。2007年を最後に中断していたが、生誕80年を記念して2月に刊行された「松本零士 無限創造軌道」(小学館)に掲載されている。

 5月に北九州の劇団「青春座」が上演した自伝的舞台「零のサムライ 松本零士物語」の脚本を執筆した柏田道夫氏はこう言う。

「どこを切り取って描くか苦労しました。松本先生の頭の中は、そのまま宇宙空間のようで広大すぎる。そこに銀河鉄道999や宇宙戦艦ヤマトが飛んでいて、キャプテンハーロックやメーテルはもちろん、トチローや『男おいどん』の大山昇太までいる。宇宙人そのままみたいな人ですね。お会いすると、幼少時代から漫画家になるまでの逸話を延々と語られる。でも、ご自分が描かれた漫画についてはあまり話されない。作品がすべて、松本零士の脳内世界の具現化で、読めば分かるということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る