• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長男に誰の弟子になりたいか聞くと「円楽師匠のところ」と

 好楽の長男、一夫は子供の頃、落語が嫌いだったという。興味を示さないし聞こうともしない。それが駒沢大学2年生の頃、父親が集めた落語のテープを聞き始め、たちまちとりことなった。

「大学4年生の時、『落語家になりたい』と言い出したんです。とにかく卒業してからの話だと、卒業まで待たせました」

 卒業後、たいていの落語家ならすぐ自分の弟子にするところだろうが、好楽は違った。

「いきなり芸人になったって、世間の風当たりを知らないからダメだよ、と言いました。社会に出て1年間働いてこいと。次女が雑司が谷でたい焼きとおはぎの店をやってて、松坂屋上野店のデパ地下にも出店してたんで、そこで働かせました。おばちゃんたちの接客してるうち、少しは世間を知ったようです」

 1年後、「落語家になっていいですか」と許可を求められた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る