長男に誰の弟子になりたいか聞くと「円楽師匠のところ」と

公開日:

 好楽の長男、一夫は子供の頃、落語が嫌いだったという。興味を示さないし聞こうともしない。それが駒沢大学2年生の頃、父親が集めた落語のテープを聞き始め、たちまちとりことなった。

「大学4年生の時、『落語家になりたい』と言い出したんです。とにかく卒業してからの話だと、卒業まで待たせました」

 卒業後、たいていの落語家ならすぐ自分の弟子にするところだろうが、好楽は違った。

「いきなり芸人になったって、世間の風当たりを知らないからダメだよ、と言いました。社会に出て1年間働いてこいと。次女が雑司が谷でたい焼きとおはぎの店をやってて、松坂屋上野店のデパ地下にも出店してたんで、そこで働かせました。おばちゃんたちの接客してるうち、少しは世間を知ったようです」

 1年後、「落語家になっていいですか」と許可を求められた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る