自宅1階に寄席を開業 「こんな使い勝手のいいゲストは…」

公開日:

 人気番組「笑点」名物、大喜利コーナーのレギュラーメンバーで知られる三遊亭好楽だが、落語家としての活動はあまり知られていない。一門が15人もいること、息子の王楽とは兄弟弟子だったこと、後輩の育成のため台東区の自宅1階に<池之端しのぶ亭>という寄席をつくったことなどである。

 そこで今回は、好楽の落語家人生を語ってもらった。まずは、しのぶ亭をつくった動機から伺おう。

「あたしは今年72歳になります。気がついたら落語界では上の方になっている。自分の師匠をはじめ、兄弟子、先輩方、皆亡くなってしまった。そこで、皆さんへの恩返しとして自分に何ができるか考えたら、後輩を育てるために寄席をつくることだと思い立ったわけです」

 6年前、自宅を新築するのに土地を探していたところ、地下鉄千代田線の根津駅から歩いて数分の場所に手頃な土地が見つかった。そこに3階建ての家を建て、2階と3階を住居に、1階をフローリングの寄席スペースにした。そして、2013年1月にオープンの運びとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る