自宅1階に寄席を開業 「こんな使い勝手のいいゲストは…」

公開日: 更新日:

 人気番組「笑点」名物、大喜利コーナーのレギュラーメンバーで知られる三遊亭好楽だが、落語家としての活動はあまり知られていない。一門が15人もいること、息子の王楽とは兄弟弟子だったこと、後輩の育成のため台東区の自宅1階に<池之端しのぶ亭>という寄席をつくったことなどである。

 そこで今回は、好楽の落語家人生を語ってもらった。まずは、しのぶ亭をつくった動機から伺おう。

「あたしは今年72歳になります。気がついたら落語界では上の方になっている。自分の師匠をはじめ、兄弟子、先輩方、皆亡くなってしまった。そこで、皆さんへの恩返しとして自分に何ができるか考えたら、後輩を育てるために寄席をつくることだと思い立ったわけです」

 6年前、自宅を新築するのに土地を探していたところ、地下鉄千代田線の根津駅から歩いて数分の場所に手頃な土地が見つかった。そこに3階建ての家を建て、2階と3階を住居に、1階をフローリングの寄席スペースにした。そして、2013年1月にオープンの運びとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  9. 9

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る