先代円楽が「好楽にもういっぺんやらせたい」と根回しを

公開日:

 苦労ばかりでなく、いいこともあった。1988年4月、「笑点」の大喜利メンバーに復帰したのである。

「これまた異例中の異例でしたねえ」

「笑点」の大喜利メンバーが病気で休養したり、自ら降板した後に復帰した例はあるが、降ろされた者が復帰したのは好楽だけである。

「当時は先代円楽が司会者でしたから。『好楽は不完全燃焼のまま辞めさせられてしまった。もういっぺんやらせたい』と、プロデューサーやスポンサーにまで根回しして説得してくれたみたいです。復帰が決まって初回の収録の日、スタッフからピンク色の着物を渡され、『お帰りなさい』と言われた時はさすがに感極まりましたね」

 復帰後、大喜利コーナーの自己紹介は、扇子をちょっと開いて口元に持っていき、「落語界の玉三郎」と見えを切っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る