先代円楽が「好楽にもういっぺんやらせたい」と根回しを

公開日: 更新日:

 苦労ばかりでなく、いいこともあった。1988年4月、「笑点」の大喜利メンバーに復帰したのである。

「これまた異例中の異例でしたねえ」

「笑点」の大喜利メンバーが病気で休養したり、自ら降板した後に復帰した例はあるが、降ろされた者が復帰したのは好楽だけである。

「当時は先代円楽が司会者でしたから。『好楽は不完全燃焼のまま辞めさせられてしまった。もういっぺんやらせたい』と、プロデューサーやスポンサーにまで根回しして説得してくれたみたいです。復帰が決まって初回の収録の日、スタッフからピンク色の着物を渡され、『お帰りなさい』と言われた時はさすがに感極まりましたね」

 復帰後、大喜利コーナーの自己紹介は、扇子をちょっと開いて口元に持っていき、「落語界の玉三郎」と見えを切っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  10. 10

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

もっと見る