「しくじりの原因はたいてい酒」九蔵時代は23回も破門に

公開日: 更新日:

 先代林家正蔵は「とんがり」というあだ名があった。すぐにとんがる、つまり怒りだすことから付いた。好楽は九蔵時代に何度も怒りを買い、23回も破門を言い渡されている。

「まあ、師匠の『破門だ!』は口癖みたいなもんですから。謝れば翌日には忘れてる。しくじりの原因はたいてい酒でした。好きなんですよ。今も毎晩飲んでます。若い頃はよく寝過ごしたりしましてね」

 それでも入門5年で二つ目に昇進。威勢のいい高座で注目を浴び、1979年には「笑点」の大喜利メンバーに抜擢された。

「大抜擢ですよ。当時の司会者は三波伸介さんで、先代円楽はまだ回答者のひとり。歌丸・小円遊が悪口を言い合うバトルが受けて、視聴率が上がりだした時期でした。そんな中に若手が入ったって、のびのびできるわけありません。萎縮してたし、明らかに実力不足でしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

もっと見る