「しくじりの原因はたいてい酒」九蔵時代は23回も破門に

公開日: 更新日:

 先代林家正蔵は「とんがり」というあだ名があった。すぐにとんがる、つまり怒りだすことから付いた。好楽は九蔵時代に何度も怒りを買い、23回も破門を言い渡されている。

「まあ、師匠の『破門だ!』は口癖みたいなもんですから。謝れば翌日には忘れてる。しくじりの原因はたいてい酒でした。好きなんですよ。今も毎晩飲んでます。若い頃はよく寝過ごしたりしましてね」

 それでも入門5年で二つ目に昇進。威勢のいい高座で注目を浴び、1979年には「笑点」の大喜利メンバーに抜擢された。

「大抜擢ですよ。当時の司会者は三波伸介さんで、先代円楽はまだ回答者のひとり。歌丸・小円遊が悪口を言い合うバトルが受けて、視聴率が上がりだした時期でした。そんな中に若手が入ったって、のびのびできるわけありません。萎縮してたし、明らかに実力不足でしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る