総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

公開日: 更新日:

 16日、「第10回AKB48世界選抜総選挙」がナゴヤドームで行われ、SKEの松井珠理奈(21)が19万4453票を獲得し、悲願の1位に輝いた。松井は「名古屋に生まれてよかった! まだ私たちは戦わなければいけない、48グループをアイドル界の1位にしないと気が済まない」と地元愛と48グループの女王として強気のアピールで会場を沸かせた。

 続く順位は2位に“名古屋の雑草”須田亜香里(26/SKE)が大躍進。下馬評では、松井と3位の宮脇咲良(20/HKT)、4位の荻野由佳(19/NGT)がトップ3確実といわれていただけに、番狂わせと言えるだろう。3位の宮脇は昨年1位だった指原莉乃(25)の穴を埋められず「さっしーゴメン」と一言、総選挙を今回で卒業する旨を述べた。本家AKBからは岡田奈々(20)が自己最高の5位に収まるも、AKBとしては惨敗の感が否めなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る