総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

公開日:

 16日、「第10回AKB48世界選抜総選挙」がナゴヤドームで行われ、SKEの松井珠理奈(21)が19万4453票を獲得し、悲願の1位に輝いた。松井は「名古屋に生まれてよかった! まだ私たちは戦わなければいけない、48グループをアイドル界の1位にしないと気が済まない」と地元愛と48グループの女王として強気のアピールで会場を沸かせた。

 続く順位は2位に“名古屋の雑草”須田亜香里(26/SKE)が大躍進。下馬評では、松井と3位の宮脇咲良(20/HKT)、4位の荻野由佳(19/NGT)がトップ3確実といわれていただけに、番狂わせと言えるだろう。3位の宮脇は昨年1位だった指原莉乃(25)の穴を埋められず「さっしーゴメン」と一言、総選挙を今回で卒業する旨を述べた。本家AKBからは岡田奈々(20)が自己最高の5位に収まるも、AKBとしては惨敗の感が否めなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る