AKB世界総選挙は計339人 進むアイドルの海外チェーン展開

公開日:

 16日に10回目を迎えるAKB48総選挙。先週、松井珠理奈や宮脇咲良を抑えて荻野由佳が1位となった開票速報が話題になったが、ネット上は「去年の1位(指原莉乃)が出ないし」「メンバーもだいぶかわって盛り上がらなくなった」なんて声があふれた。

 飽きられ気味ということかもしれないが、10回目だけに新たな戦略をプラス。近年結成された海外グループのうちバンコクが拠点のBNK48と台湾のTPE48が参加し、“世界選抜総選挙”という名称になっている。ちなみに、海外でもっとも古いインドネシアのJKT48は当日が宗教上の祭日レバランと重なって参加しない。

 これで国内外で計8グループ総勢339人が参加し、最多の総選挙になる。総監督の横山由依は「今年はそこ(海外メンバー)がまったく読めない」「(スピーチの)通訳とか誰かやってくれるんかな」と速報前にコメントしたが、実際は海外勢の参加は少なく速報の上位にも名前がない。それでも客席にタイや台湾のメンバーがいる映像は新鮮かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る