AKB世界総選挙は計339人 進むアイドルの海外チェーン展開

公開日: 更新日:

 16日に10回目を迎えるAKB48総選挙。先週、松井珠理奈や宮脇咲良を抑えて荻野由佳が1位となった開票速報が話題になったが、ネット上は「去年の1位(指原莉乃)が出ないし」「メンバーもだいぶかわって盛り上がらなくなった」なんて声があふれた。

 飽きられ気味ということかもしれないが、10回目だけに新たな戦略をプラス。近年結成された海外グループのうちバンコクが拠点のBNK48と台湾のTPE48が参加し、“世界選抜総選挙”という名称になっている。ちなみに、海外でもっとも古いインドネシアのJKT48は当日が宗教上の祭日レバランと重なって参加しない。

 これで国内外で計8グループ総勢339人が参加し、最多の総選挙になる。総監督の横山由依は「今年はそこ(海外メンバー)がまったく読めない」「(スピーチの)通訳とか誰かやってくれるんかな」と速報前にコメントしたが、実際は海外勢の参加は少なく速報の上位にも名前がない。それでも客席にタイや台湾のメンバーがいる映像は新鮮かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  4. 4

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る