仕事の悩み相談か まだ繋がっていた嵐・松本潤と井上真央

公開日:

 2016年5月末に長年所属した事務所「セブンス・アヴェニュー」を退社した井上真央(31)が2年を経過しても“輝き”を取り戻せずにいる。

 昨年は久々に連続ドラマ「明日の約束」(関西テレビ系)で主演を務めたが、テーマが暗かったこともあり、全話平均視聴率は5%台後半に終わった。現在、公開中の映画「焼肉ドラゴン」で井上が好演していると評判になっているが、映画自体は大ヒットに至っていない。

 芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏がこう言う。

「つまずきは、あの独立騒動から始まったといえます。井上は独立の理由について、関係者には“方向性の違い”と説明したそうですが、根底には嵐・松本潤との破局があったと聞いています。井上は結婚を見据えて松潤と交際していたのに、いつまでたっても事務所の“確約”を得ることができなかった。耐え切れなくなった井上は事務所を飛び出すことになるわけですが、事務所側には駆け出しの頃から井上を手塩にかけてスターに育てただけでなく、報酬面でも十分応えてきた自負があったのでしょう。両者の間に生まれたミゾは埋まるどころか、今も広がり続けているといいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る