米俳優で別格 トム・クルーズ人気支える日本のオヤジ世代

公開日:

 米俳優トム・クルーズ(56)が主演映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」(8月3日公開)を引っ提げて、今月18日に来日する。約2年ぶり、23度目の新作キャンペーン。親日家で、来日のたびに熱心なファンサービスを行っているトムは「こんにちは! 会うのが楽しみです」とのメッセージをファンに寄せているという。だからというわけでもないだろうが、また熱烈ファンが空港などに押し寄せ、あふれんばかりの歓声で迎えるのではないか。

 トム・クルーズが全米ドル箱スターなのは今さらだが、この日本では「オール・ユー・ニード・イズ・キル」公開時の2014年に累計興行収入が1000億円を突破。ほぼすべての公開作品で興収10億円以上をマークしている。

「彼の同年代には、ブラッド・ピット、ジョニー・デップ、キアヌ・リーブスといったスターがいて、いずれも来日すれば騒がれていますがトムは別格。ピットは2011年の『マネーボール』あたりから失速しているし、デップは『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズを超えるヒット作はなく、キアヌに至っては『スピード』と『マトリックス』シリーズ以降、低迷が続いています。作品数でも、大多数が製作費1億ドルを超えるビッグバジェットという規模でも、トム・クルーズが抜きんでています」と映画関係者は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る