「半分、青い。」は秋風ロスに 豊川悦司“怪優”までの軌跡

公開日:  更新日:

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で、豊川悦司(56)扮する少女漫画家、秋風羽織が大人気になっている。

 そのキャラクターたるや、職業や名前のイメージとは程遠い偏屈なおっさん。永野芽郁演じる鈴愛の師匠という脇役なのだが、ロン毛にサングラスという風貌といい、怒涛の河内弁といい、主役以上の存在感を放っている。放送中の第14週では漫画家を辞める決意をした鈴愛に対して「漫画をもう辞めたらいいと思います」と引導を渡し、鈴愛は秋風の元を去ることに……。豊川はこれでクランクアップ。物語前半を牽引した強烈キャラに対して“秋風ロス”が広がっている。

 90年代に大ヒットしたドラマ「愛していると言ってくれ」や「Love Story」などに出演していた当時は、寡黙でナイーブな役柄が目立った豊川だが、年を重ねるにつれて幅を広げ、さまざまなチャレンジをしてきた。それらが本作での怪演につながっているのは確かだろう。そして、私生活での数々の経験も、役者としての深い年輪になっているのかも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る