• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「半分、青い。」は秋風ロスに 豊川悦司“怪優”までの軌跡

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で、豊川悦司(56)扮する少女漫画家、秋風羽織が大人気になっている。

 そのキャラクターたるや、職業や名前のイメージとは程遠い偏屈なおっさん。永野芽郁演じる鈴愛の師匠という脇役なのだが、ロン毛にサングラスという風貌といい、怒涛の河内弁といい、主役以上の存在感を放っている。放送中の第14週では漫画家を辞める決意をした鈴愛に対して「漫画をもう辞めたらいいと思います」と引導を渡し、鈴愛は秋風の元を去ることに……。豊川はこれでクランクアップ。物語前半を牽引した強烈キャラに対して“秋風ロス”が広がっている。

 90年代に大ヒットしたドラマ「愛していると言ってくれ」や「Love Story」などに出演していた当時は、寡黙でナイーブな役柄が目立った豊川だが、年を重ねるにつれて幅を広げ、さまざまなチャレンジをしてきた。それらが本作での怪演につながっているのは確かだろう。そして、私生活での数々の経験も、役者としての深い年輪になっているのかも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る