• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浅野忠信の父はまた覚醒剤で…芸能人を悩ませる“毒親”たち

 人気俳優・浅野忠信(44)の父親で、浅野所属の芸能プロ「アノレ」の元社長、佐藤幸久容疑者(68)がこのほど覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁に再逮捕された。6月29日夜、東京都町田市のコンビニで不審な行動があったため、警察官が職質し尿検査すると、覚醒剤の陽性反応が出た。佐藤容疑者は調べに対し「間違いない」と容疑を認めているという。

 佐藤容疑者は覚醒剤取締法違反(使用)の容疑で昨年11月に逮捕され、今年3月に懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を受けていた。その公判では、過去に大麻取締法違反や覚醒剤取締法違反で逮捕され、それぞれ執行猶予判決を受けていたことも明らかになっていた。浅野に罪はないとはいえ、愚かな父を持ち、頭を抱えているに違いないだろう。

 子どもに対し、毒のように悪影響を及ぼす親を「毒親」という俗称がある。害悪だらけの親のせいで被害に遭ったり事件に巻き込まれたり、トラウマになったり。もはや社会問題ともなっているが、これは芸能人も例外ではない。スポーツ紙芸能デスクが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る