浅野忠信の父はまた覚醒剤で…芸能人を悩ませる“毒親”たち

公開日:

 人気俳優・浅野忠信(44)の父親で、浅野所属の芸能プロ「アノレ」の元社長、佐藤幸久容疑者(68)がこのほど覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁に再逮捕された。6月29日夜、東京都町田市のコンビニで不審な行動があったため、警察官が職質し尿検査すると、覚醒剤の陽性反応が出た。佐藤容疑者は調べに対し「間違いない」と容疑を認めているという。

 佐藤容疑者は覚醒剤取締法違反(使用)の容疑で昨年11月に逮捕され、今年3月に懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を受けていた。その公判では、過去に大麻取締法違反や覚醒剤取締法違反で逮捕され、それぞれ執行猶予判決を受けていたことも明らかになっていた。浅野に罪はないとはいえ、愚かな父を持ち、頭を抱えているに違いないだろう。

 子どもに対し、毒のように悪影響を及ぼす親を「毒親」という俗称がある。害悪だらけの親のせいで被害に遭ったり事件に巻き込まれたり、トラウマになったり。もはや社会問題ともなっているが、これは芸能人も例外ではない。スポーツ紙芸能デスクが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る