浅野忠信の父はまた覚醒剤で…芸能人を悩ませる“毒親”たち

公開日:

 人気俳優・浅野忠信(44)の父親で、浅野所属の芸能プロ「アノレ」の元社長、佐藤幸久容疑者(68)がこのほど覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁に再逮捕された。6月29日夜、東京都町田市のコンビニで不審な行動があったため、警察官が職質し尿検査すると、覚醒剤の陽性反応が出た。佐藤容疑者は調べに対し「間違いない」と容疑を認めているという。

 佐藤容疑者は覚醒剤取締法違反(使用)の容疑で昨年11月に逮捕され、今年3月に懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を受けていた。その公判では、過去に大麻取締法違反や覚醒剤取締法違反で逮捕され、それぞれ執行猶予判決を受けていたことも明らかになっていた。浅野に罪はないとはいえ、愚かな父を持ち、頭を抱えているに違いないだろう。

 子どもに対し、毒のように悪影響を及ぼす親を「毒親」という俗称がある。害悪だらけの親のせいで被害に遭ったり事件に巻き込まれたり、トラウマになったり。もはや社会問題ともなっているが、これは芸能人も例外ではない。スポーツ紙芸能デスクが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る