二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

出川哲朗、長嶋一茂…TV界を席巻する“クセがすごい”男たち

公開日:

「あまり好きではない」と思っていても、食べているうちに癖になり、やめられなくなる食べ物がある。テレビに目を向けると、同じような感覚でいつの間にかハマってしまうタレントもいる。

 世界中を熱狂させたW杯サッカー。元サッカー選手から小柳ルミ子まで今回も多くの名(迷)解説を聞いたが、サッカー解説のレジェンド的な存在となった松木安太郎。解説者として登場した頃はまるで応援団のように「集中ですよ」と選手を鼓舞する言葉を連呼するばかりで、解説らしきものが少なかった。「うるさいだけの解説者」と揶揄されたものだが、聞いているうちに「松木節」といわれるほど心地良いものになり、今大会でも炸裂。今やサッカー中継に松木節は欠かせないものになっている。

 お笑い界では出川哲朗がその筆頭。元は役者志望だったが、お笑いタレントに鞍替え。どっきり企画などでリアクションの面白さから注目された。通称「リアクション芸」と呼ばれたが、「子供に悪影響を及ぼす」と番組が規制され出川の出番は減少。「一発屋」の運命と思われたが、どっこい生き残った。今やリアクション芸の第一人者として冠番組まで持つ大出世。かつて雑誌のアンケートでは「女性の嫌いなタレント」の常に上位だった出川だが、今は逆に好感度が上昇中。今年の上半期CM出演本数ランキングは9社。嵐の二宮和也らと並び2位と、破竹の勢い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る