二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

出川哲朗、長嶋一茂…TV界を席巻する“クセがすごい”男たち

公開日:

「あまり好きではない」と思っていても、食べているうちに癖になり、やめられなくなる食べ物がある。テレビに目を向けると、同じような感覚でいつの間にかハマってしまうタレントもいる。

 世界中を熱狂させたW杯サッカー。元サッカー選手から小柳ルミ子まで今回も多くの名(迷)解説を聞いたが、サッカー解説のレジェンド的な存在となった松木安太郎。解説者として登場した頃はまるで応援団のように「集中ですよ」と選手を鼓舞する言葉を連呼するばかりで、解説らしきものが少なかった。「うるさいだけの解説者」と揶揄されたものだが、聞いているうちに「松木節」といわれるほど心地良いものになり、今大会でも炸裂。今やサッカー中継に松木節は欠かせないものになっている。

 お笑い界では出川哲朗がその筆頭。元は役者志望だったが、お笑いタレントに鞍替え。どっきり企画などでリアクションの面白さから注目された。通称「リアクション芸」と呼ばれたが、「子供に悪影響を及ぼす」と番組が規制され出川の出番は減少。「一発屋」の運命と思われたが、どっこい生き残った。今やリアクション芸の第一人者として冠番組まで持つ大出世。かつて雑誌のアンケートでは「女性の嫌いなタレント」の常に上位だった出川だが、今は逆に好感度が上昇中。今年の上半期CM出演本数ランキングは9社。嵐の二宮和也らと並び2位と、破竹の勢い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る