二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

出川哲朗、長嶋一茂…TV界を席巻する“クセがすごい”男たち

公開日: 更新日:

「あまり好きではない」と思っていても、食べているうちに癖になり、やめられなくなる食べ物がある。テレビに目を向けると、同じような感覚でいつの間にかハマってしまうタレントもいる。

 世界中を熱狂させたW杯サッカー。元サッカー選手から小柳ルミ子まで今回も多くの名(迷)解説を聞いたが、サッカー解説のレジェンド的な存在となった松木安太郎。解説者として登場した頃はまるで応援団のように「集中ですよ」と選手を鼓舞する言葉を連呼するばかりで、解説らしきものが少なかった。「うるさいだけの解説者」と揶揄されたものだが、聞いているうちに「松木節」といわれるほど心地良いものになり、今大会でも炸裂。今やサッカー中継に松木節は欠かせないものになっている。

 お笑い界では出川哲朗がその筆頭。元は役者志望だったが、お笑いタレントに鞍替え。どっきり企画などでリアクションの面白さから注目された。通称「リアクション芸」と呼ばれたが、「子供に悪影響を及ぼす」と番組が規制され出川の出番は減少。「一発屋」の運命と思われたが、どっこい生き残った。今やリアクション芸の第一人者として冠番組まで持つ大出世。かつて雑誌のアンケートでは「女性の嫌いなタレント」の常に上位だった出川だが、今は逆に好感度が上昇中。今年の上半期CM出演本数ランキングは9社。嵐の二宮和也らと並び2位と、破竹の勢い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る