キムタク次女コウキ起用 ブランド側の決断は世界では普通

公開日:

 弱冠15歳で高級ブランド「ブルガリ」のアンバサダーに就任したKoki,(コウキ)。木村拓哉(45)と工藤静香(48)の次女であることを前面に押し出し、2カ月前に彗星のごとくデビューを飾ったばかりである。

 そんなド素人にワールドワイドなブランドの“広告塔”が務まるのか。実際に商品を身に着けたビジュアル画像や動画が公表されるとネット上には似合わない、早過ぎる、若過ぎるといった非難がゴウゴウ……。だが、そんな批判は百も承知で(?)ブランド側の巧妙に練られた戦略がにじみ出ているという。

「コウキさんが着けた時計や指輪、ブレスレットなどは、いずれもダイヤやサファイアといった宝石が華美に施されたものではない。むしろ、ブルガリでいえば手頃な価格帯のものばかり。明らかに若年層に向けた広告ですね」(ファッション誌関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る