木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

公開日:

 7月27日、木村拓哉がパーソナリティーを務めるラジオ番組『What’s up SMAP!』が23年間続いた放送の幕を閉じた。

 ただ単に、一ラジオ番組が終わっただけではない。この“終了”が持つ意味は大きい。これでテレビ、ラジオを含め、全放送から「SMAP」の文字が消えたのだ。

「SMAP解散が決まったとき、どうしたものかと、各放送局は頭を悩ませました。存在しないグループの名前を使うのはいかがなものか、という意見が多く、結局、『SMAP』の冠が付いた番組は次々と打ち切りになりました」(在京キー局社員)

 その中で、唯一、木村の番組が残っていたわけだ。

「ラジオも、“外した方がいい”ということになったと思います。当然、タレントサイドにお伺いを立てているでしょうから、キムタク、あるいは事務所が、“そのままでいい”としたんでしょうね。それは、SMAPファンの心情を考えてのことなんじゃないでしょうか。あんまり露骨なことをしちゃうとファンだけでなく、他のリスナーからもヒンシュクを買いますからね」(ラジオ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る